ベトナム北部ハザン郊外の村へサイクリング!

 

 どうもどうも^^  クリスマスイブはボッチでショートケーキを一人で食べて

フライドチキンをむさぼったドラゴンでございます^^ お気に入りのブロガーさん達は

結構元気にムフフな場所でムフフに励んていたようです^^ 元気ですね^^

さて、お姉さんからサイクリング用の自転車を借りたところからスタートですが、まずは

地図を借りてからバスターミナル周辺まで行き、そこからがスタートです。

再度ハザンの場所をグーグルマップに記載しております。

p_20160808_174800_1_p

バスターミナルを過ぎるとすぐにこんなのどかな風景が見れます。     

途中からダートな道に代わりガタガタとしてますけど、お姉さんが貸してくれた自転車は

マウンテンバイクなので結構走りが安定していて走りやすいので助かります。

あ!ちなみにお姉さんの名前はフォンさん。 後々メールで、それこそ帰国してからも

1度やり取りをしましたが、本当におもてなしの心を純粋に感じました。ムフフも良いけど

そればかりじゃあ何か虚しいですしね^^ さてどんどんと走っていきますよ。p_20160808_173604_1_p

 

タイの様に高床式住居もありましたが、少し違う感じがグッドです。p_20160808_173543_1_p

結構いい感じですね。細い路地が有って自転車やバイクでなきゃ通れない狭さです。

後、田んぼが多いけどこの様な北部でも多いという事はいかにベトナムがコメの

輸出大国で有るかが感じ取れます。個人的にはベトナム米は大好きです。タイ米の

香り米も好きですが日本人的には中国以上にベトナム米の方が癖もなくて

合う気がしますね。実際に食堂とかでCOMぶっかけご飯とか頼むと間違いなく特盛で

盛ってきますからね^^ p_20160808_172307_1_p

p_20160808_173533_1_p

p_20160808_174945_1_p

p_20160808_175932_1_p-1

p_20160808_180055_1_pやっぱり田舎は良いですね。この辺りまで来ると本当に藁葺き屋根のベトナム伝統式の

古民家が多いので写真映えします。ベトナムの都市ぶってどこも中国と同じコンクリートの

住宅街がひたすら続いているので飽きが来ますから。途中で迷ったりして道行く途中で

何とかジェスチャーと固有名詞で人に聞きながらひたすらペダルを漕いで行きます。

すると割と大きめの集落に出ました。村役場みたいのがありますが、サイゴンやハノイと

いった大都市に比べれば資金繰りもかなり大変でしょうね。この辺りの村の集落の人達の

月収って恐らくは100ドルちょっととか本当に少ないと思われます。サイゴン辺りで200を

超えるのかな?物価も以前とは比べ物にならないくらいに上がってますしね。

例えばフォーうどんは10年前はハノイで10,000ドンするかしないかでしたが、今じゃ

2万ドンは当たり前、3万も普通ですから暮らしはかなり大変でしょう。p_20160808_174859_1_p

途中ちょっとした集落が。村役場かな?地方行政は資金繰りが大変p_20160808_175001_1_p-1

だいぶ日が傾いてきたので、フォンさんから教えてもらった滝に行く事にしました。けど、

行けども行けども何か方向が違うような?道端で滝の名前を聞くと5キロ以上あるとか

いやあそりゃ無理^^ 間違えたかな?別に滝っていったって大した事無いのはわかって

いるけどせっかくだから行ってみたいです。でも辺りはどんどんと暗くなってくるし。

仕方ないけど諦めました。いやあ足に来ています。半日とはいえ久しぶりに自転車を

漕いだので。結構漕いだのでは?おまけにガタガタのオフロードも多いので^^p_20160808_180016_1_p

p_20160808_180036_1_p

暗くなって来たけどこれはこれで良い感じ!夕日がきれいでした。p_20160808_184642_1_p

遥か向こうに奇岩が見えます。広西チワン自治区から続いてる様で!p_20160808_184816_1_p

向こう側がハザンの街並みです!近くで夕食を食べようにも食堂が無い

上記写真の周辺で夕食をとろうとあちこち探しましたが全然ないし。町まで戻る前に

出来れば夕食を食べたかったので探していますが、有っても3万ドン?ダメダメっと

軽くあしらわれてしまったり何か結構お代がかかる様な鍋料理だったりで疲れた(+o+)

ベトナムって食べるのにいちいち値段交渉するのが本当に面倒です。ランソンでも

この事について話しましたが。すると嫌なこと事に有る一軒の食堂に入りCOMを

頼みました。一杯3万ドン139円で交渉後に愛想が悪い←腹減ってたので気にしない様に                           努めてましたが。この様な場所は基本入りませんので。

叔母さんに一言。皿にご飯を盛ったのは良いけど後にほんのチョビっとしかおかずを

載せないので 「えー少なって顔してると」 無愛想まる出しでこう言い放ちました。

「 あ!何だ 五万ドン払うのか? 」 五万ドンという単語はハッキリと聞き取れたので

「あーもういいや要らない」ってバイバイすると物凄い形相で怒鳴って来ました。さすがに

これにはこっちもブチ切れました^^

「うるせぇ!ばばあ!ミーディンバスターミナルは25,000ドンだよ!」って日本語と

ベトナム語で怒鳴り散らすしました。旦那さんは笑ってコラえてる様子。

もうベトナムだから何回も来てるからプチぼったくりに腹を立ててもしょうがいないのは

解ってますが、それにしてもねえ?何だ5万ドン払うのか?って眼つきが特に嫌でした。

なるべく早く忘れる様にしましょう。これからフォンさん家へ自転車返却しなきゃいけない

あー腹減ったなぁ^^

次回はドンパンまでのバイクでの道中など多数写真などもアップする予定です。

それでは また^^   つづく

 あ! 中国格安バックパック旅行^^も よろしくお願いします。
何故かURL何回貼り直してもアクセスしようとしたページは、
移動されたか削除された可能性がありますと表示されるんですよ( ゚Д゚)でも、     ※ちゃんとアクセス出来ます※ので左手の‘‘はじめに‘‘とかクリックすれば見れます

 にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスで楽天、じゃらん、ヤフーショッピングなどと                   ダブルでポイントゲット



じゃらん提供のクーポンの割引率が高いとじゃらん海外ホテル予約 がお得ですが、    通常の割引クーポンと比べるとケースバイケースでアゴダの方が安い事も有る様です・

【格安航空券】出発2時間前までオンライン予約OK!海外旅行はDeNAトラベル

【海外ホテル】最安値保証!!!海外の宿探しはDeNAトラベル

 

ツイートツイート

ベトナム北部の秘境ハザン!

 

 どうもどうも^^  今日も天気予報の通りに22時半現在も何と17℃以上

神奈川県はありますねぇ!昨日以上に暖かくてご機嫌な?ドラゴンでございます^^ 

さて、宿探しからスタートですが、まずはバスターミナル周辺で捜してみることに。

すると何やら欧米人パッカー達が集まっている宿兼レンタルバイク屋さんがあるので

早速チェック。どうもオージー達の団体みたいで色々と話を聞くとこれから中国国境へ

近いドンパンへ向うらしい。何せ情報がほとんど無い状況でハザンまで来ました。

自分もレンタルしてバイクで北部地域訪れてみようかな?リーダーの彼にお礼を言い

宿探し再開!実はこのリーダーさんとは北部最大の町ドンパンで後日再開する事に^^p_20160808_090239_1_p

宿探しの途中で見つけたモンカイ行きバスのポスター。モンカイは     防港城から40キロ弱の町で東興との国境の町ですが、こんな場所まで  ハザンから出てるとは!

最初に見つけた宿は15万ドンと円にして700円弱!値段も安いし部屋は文句なしだけど

さっきからこっちを睨み付けている女が気に入らない( ゚Д゚)何か文句あるかって日本語で

あえて言ったけど全くもって感じ悪いので出ていきました・何なんでしょう?気を取り直して

少し歩くと感じの良い宿が・前回お話ししたベトナム特有の安宿Nya Ghiニャギです。

下記写真の向かい側に有りました。p_20160808_092213_1_p

向こうの岩山が良い感じです。この反対側が僕が泊まった宿があります。

ちなみに宿の写真を撮り忘れてしまったのか見つかりませんでした。良い宿、否この旅で

1番のホスピタリティー溢れる宿でした。実際に早朝のせいかチェックインは午後1時との

事でしたが非常に申し訳なさそうにしてくれ、何より英語は一言も話せなかったけど色々と

世話をやいてくれました。若いお兄さん2人とオジサンが居たかな?そしてスマホ翻訳を

屈指して、こちらから切り出そうとしてた例のハザン地域の入域許可証の件を向こうから

切り出してくれ、翻訳に日本語で 「あなたは私達にパスポートを預ければ入国管理局へ

行く時間の無駄を無くす事が出来る 」ナイスタイミング^^ ちなみに値段ですが何とまあ

25万ドン!1160円弱って高いですね。サイトでも確認済み。イミグレーション行っても

同じ値段です。勿論彼らにも多少のバックマージンは入るでしょうが何よりも疲れているし

無駄な時間を潰すくらいなら散歩行った方が遥かにましです。

 

そして、荷物を預けて散歩に出かける事にしました。暑いけどチェックイン出来ないし

取り敢えずは町の様子でも見てみる事に。中心まで歩いて行きましたが15分程度かな?

広場みたいな場所が有ったので写真などを^^p_20160808_094238_1_p

p_20160808_094302_1_p

p_20160808_093231_1_p

p_20160808_093347_1_p  p_20160808_093528_1_p

ハザンの観光案内が広場にあったので地図を撮りました。p_20160808_125223_1_p

ハザンは川を挟み東西に分かれている様で街全体は把握しやすい様です。上の写真は

広場へ行く途中に猫屋敷?があったので撮りました^^ その後山の方へ上る前に市場が

あったのでスターフルーツを一キロ、1万ドン、50円弱で購入。でも酸っぱい。失敗だ!

何だこのスターフルーツは?確かにまだ熟していないけど料理用かな?気を取り直して

山の方へ登って行くと地図で見た川が良く見えました。そこで下に降りてから川の

反対側に橋を渡って行く事に。まあ、反対側には特に見どころはなかったけど宝石屋が

あったので中国元のレートを聞くと一元が3350ドン!ここハザンは中国との国境に

近いせいかレートが良いのかな?ハノイより遥かに中国の雲南省の方が近いですね・

下にハザンのグーグルマップを記載しております・

結構ランソンからも近いです。実は後から知った事ですが友誼関と接しているドンダンより

直接カオバンという町までバスで行ける様です。カオバンからも恐らくバスがここハザンへ

繋がってると思われます。でもランソン結構気に入ったし、それはそれで良かったかな!

それにしても中国との国境地帯が結構長めにありますね・もちチャンスが有れば次回は

是非ドンダンからカオバン経由でハザンか北部国境の町ドンパンを周遊してみたいです。p_20160808_095431_1_p

p_20160808_095449_1_p

山々が桂林や先日訪れた龍州やピンシャンの様な奇岩が多い地形p_20160808_095454_1_p

橋の向こうも少しは栄えてます。宝石店で人民元のレートが1元で3350ドンp_20160808_131050_1_p

p_20160808_131059_1_p

バインミーをサクサクと切って出してくれました。2万ドン、93円!

 そして、結構歩いたせいか腹がかなり減ってきました^^しかしどういうわけかちっとも

食堂が見つかりません。お昼時なのに?見つかっても閉まっているし。どういう事?

ようやく見つかり上記写真の店でバインミー、フランスパンのサンドイッチをトーストした

やつを二万ドン、93円で食しました^^ いやあ、良かった。マジで腹減ってしかもこの

暑さですから体力をかなり消耗しておりました。美味いですねバインミー^^ハノイや

他の町とはチョット違った味でこれはこれで美味しかったです。

 

宿にいったん帰る前に北部地域の情報を手に入れる為に路地を歩き回ってると

バックパッカー何とかと書いてある小さな看板が!中に入ってみると可愛らしい

お姉さんが英語で迎えてくれて色々とハザン周辺の少数民族の村やドンパン、

その他諸々と情報をゲットしました・今日はここで自転車を特別に半日料金の

7万ドン、320円程でレンタルする事が決定.明日はお姉さんに紹介して

もらったバイク屋さんで一泊二日でドンパンや周辺の見所を廻る予定です。

助かりました。このお姉さんがいなかったら多分今後のハザン地域の旅は

不完全燃焼なものになっていたでしょう・後にこのお姉さんとメールのやりとり

沢山する事になろうとは?素敵な出会いに感謝申し上げます^^

自分がもうちょっと若かったらなあ^^

次回は郊外へのサイクリング写真などをアップする予定です。

それでは また^^   つづく

 あ! 中国格安バックパック旅行^^も よろしくお願いします。
何故かURL何回貼り直してもアクセスしようとしたページは、
移動されたか削除された可能性がありますと表示されるんですよ( ゚Д゚)でも、     ※ちゃんとアクセス出来ます※ので左手の‘‘はじめに‘‘とかクリックすれば見れます

 にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスで楽天、じゃらん、ヤフーショッピングなどと                   ダブルでポイントゲット



じゃらん提供のクーポンの割引率が高いとじゃらん海外ホテル予約 がお得ですが、    通常の割引クーポンと比べるとケースバイケースでアゴダの方が安い事も有る様です・

【格安航空券】出発2時間前までオンライン予約OK!海外旅行はDeNAトラベル

【海外ホテル】最安値保証!!!海外の宿探しはDeNAトラベル


ツイートツイート

ハザン行きの寝台バス、そしてハザンへ!

 

 どうもどうも^^  今日は天気予報の通りに昼間は温かく、今も18時半で10℃以上

ありますねぇ!暖かくてご機嫌な?ドラゴンでございます^^ 

さて、宿でシャワーを浴びてから荷物をピックアップしてから最寄りのバス停から

ミーディンバスターミナルへ向かいます。宿の人に聞いたら、やはり行きにミーディンから

来たとおりだとかなり歩くので、別ルートを取ることに。実はその場所は前回の記事

話したザーラム駅の鉄橋にほど近い所にありました。鉄橋から歩きで5-6分程北方向に

なりますが同じメインの通りになります。割とスムーズに到着したは良いが夕方の混雑して

いる時間帯のせいでバス停で待っている人も多い様子。今現在19時過ぎです。

まあ21時半のバスに間に合えば良いけど中々バスが捕まりません。聞いても行かない

とか各当する番号のバスが本当に来ない!チョット焦りますね。なんだかんだ30分以上

待ってようやくミーディンバスターミナルへ行くバスをゲット!やっと乗れたよ(+o+)

乗車してから約40分ほどでミーディンバスターミナルへ到着!早速バスチケットを買いに

カウンターへ行くと何と直接運転手から買ってほしいとの事。え!話が違うし?

嫌だなあ、運転手から直だとぼられる可能性があるのでカウンターで購入したいので

するとカウンターのお姉さんが 「じゃあ乗り場へ私と一緒に行きましょうね💛」 との事で

乗り場へ。お姉さんにいけないと思うもつい中国や日本ではカウンターで買えますよ

何でこんなに不便なのって愚痴ってしまいました。反省です。でもお姉さんが見ている

前で直接運転手からチケットを購入。値段は20万ドン、925円。人民元なら60元程度。

中国の寝台バスと比べてもかなり安いですね^^距離にして300キロ程度。出発は当初の

通りに21時半としました。お姉さん色々とお手数をおかけしました^^

 

さて、時刻は20時過ぎなので夕ご飯でも食べないと。このミーディンバスターミナルって

結構周りは庶民的な住宅街になっております。他にも簡単や市場や食堂、その他にも

Nya Ghi ニャギ←ミニホテルやゲストハウスの意味の看板が多くあるので、遠い市内まで

出なくてここでニャギに泊まるのもアリですね。そして、いくつか良さげな食堂を探し当てて

一軒の食堂へ入る事に。この食堂のお兄さんが少しこわもてだけどメチャフレンドリーで

バオニューいくら?と聞き、4万ドン。うーん? するとお兄さんが、じゃあ3万!

すかさず、こちらから25000は?とダメ元で言うとOKの返事が^^ 飯食うのにいちいち

値段確認や交渉は疲れますが、この時は互いに笑ってしまいました^^何やってんだか。

25000ドン、116円なら安いですね・郊外とはいえハノイなので・p_20160807_195417_1_p

25000ドン、116円のぶっかけご飯。量もご飯特盛で肉と野菜も      ボリューム一杯^^ スープまで付けてくれて大満足の夕ご飯でした。

お兄さんが料理の総菜が入ったトレーを指して何入れる?って聞いてきたので

ジェスチャー交えながら 「お任せします」と答えると、入れる入れるは^^

肉も野菜も大盛りでご飯特盛で上記写真の通りです。

その後は団地らしき場所を食後の散歩をしながらリンゴを4個で14000ドン、65円で

買ったり、最後に握手を求めて来たフレンドリーなオジサンがやってる雑貨屋さんで

アイスやジュース、スナック菓子などを買い込みターミナルへ戻りました。p_20160807_204350_1_p

  ハザン行き寝台バスです。ミーディン ハザンと書いてありますね。      ハザンはHA GiANGのようで。p_20160807_204930_1_p

上記の写真、ベッドですが上手く写せませんでした。でも清潔ですね。p_20160807_210735_1_p

  これが寝台バスの中。割と清潔でエアコンもバッチリWi-Fiは微妙?

バスに乗ると欧米人パッカーの姿が見えたので聞くとイタリアからとの事・彼女達から

このバスにWi-Fiが有る事やハザンでの許可証の件についても色々と聞けました・

ハザンではイミグレーション、入国管理局へ行く許可証を発行されるらしいけど詳しい

事柄については彼女たちも知らないらしい。許可証っていくらするのかな?高いかな?

今時許可証って不満言っても始まらないけど1つ仕事が増えて憂鬱な気分です(+o+)

 

バスは定刻より少し遅れ出発。道中は特にトラブルもなくWi-Fiが繋がらなかったのを

除いては至って快調。エアコンも寒すぎず、特に揺れもなく寝心地も結構いい感じです

そう言えば休憩ってあったかな?トイレは確かついていたような?記憶があやふあで

申し訳ないです。 とにかくバスはハザンに4時頃に到着!早すぎるなあ^^

でも他の乗客はまだ寝ている様子です。先のイタリア人達はそのまま降りるようです。

出来れば一緒に行こうと思ってましたが睡魔には勝てません。

そのまま6時過ぎまで寝ていて車掌さんから寝ている乗客に向かい声掛けが^^

「ハイハイ、皆さんそろそろ起きてね^^←多分こう言っていた」 と言われて下車。

先にターミナル内で次の目的地であるディエンビエンフーの途中経過地であり、中国との

国境でもあるラオカイ行きの時間をチェック!ここから6時間かかるのはピンシャンの宿で

チェックした通りでした。さて、ターミナルの英語を少し話すお姉さんに中心への行き方を

教わり向かうことに。だいたい三キロ程度との事。ハノイやサイゴンといった大都市と違い、

ターミナルから中心へはさほど離れていないのがグッド。嫌なんですよねえ、ターミナルへ

着いたと思ったら、さらにそこから市内バスで30-40分かかるとか(+o+)

ターミナル周辺は山々に囲まれていて中々いい雰囲気です。さてと早朝だけど

まずは宿探しというミッションが待ち構えております^^

次回はハザンの街並みと郊外へのサイクリング写真などをアップする予定です。

それでは また^^   つづく

 あ! 中国格安バックパック旅行^^も よろしくお願いします。
何故かURL何回貼り直してもアクセスしようとしたページは、
移動されたか削除された可能性がありますと表示されるんですよ( ゚Д゚)でも、     ※ちゃんとアクセス出来ます※ので左手の‘‘はじめに‘‘とかクリックすれば見れます

 にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスで楽天、じゃらん、ヤフーショッピングなどと                   ダブルでポイントゲット



じゃらん提供のクーポンの割引率が高いとじゃらん海外ホテル予約 がお得ですが、    通常の割引クーポンと比べるとケースバイケースでアゴダの方が安い事も有る様です・

【格安航空券】出発2時間前までオンライン予約OK!海外旅行はDeNAトラベル

【海外ホテル】最安値保証!!!海外の宿探しはDeNAトラベル


ツイートツイート

12年ぶりのハノイ!

 

 どうもどうも^^  いやあ、昨日の鹿島アントラーズマジ凄かったですね。

柴崎君が前半中に同点ゴールを決めた時は本当に感動で涙が出そうになりましたが、

結果的には延長戦でクリスチャーノ・ロナウド様にとどめの2点を決められてしまいました。

でも大健闘を称えたいドラゴンでございます^^ 

 

さて、タイトルの通り、ハノイは12年ぶりとなる訳ですが基本的な街の構造は変わって

いない様です。朝起きて近くの屋台でフランス植民地時代の名残りでもあるバインミーを

頂く事に。要はフランスパンです。違うのはベトナム式魚醤、ニョクマムを入れる事です。

これがフランスパンに合うんですよ^^日本でもたまにトーストに醤油を垂らして食べる事が

あるくらい本当に美味いです。お値段は値切って15000ドン、約70円。最初2万ドンと

言われました。ベトナムって何か食べたり飲んだりするのに毎度値段交渉しなきゃ

いけないのが面倒くさい。定価って概念がないんです。バックパッカー街だから

バインミーはどこも2万ドン以上オーバーなのでそういった場所は避けていました。

 

そして一旦宿をチェックアウトして荷物を預けてから町へ散策開始。とにかく狭い、バイク

多いです。解ってたけど中々歩きにくいです。効率的に動き回りたい人はいっそのこと

タクシーをチャーターするのも手かと?バスはかえって待ち時間で時間食うと思います。

暑い、暑いと言いつつまずは博物館とホーチミン廊を目指します。そして、到着・

周りに日差しを遮る物が無いので余計に暑い^^たまりませんねこりゃあ(+o+)p_20160807_134952_1_p

p_20160807_135536_1_p

折角来たのに休み!そりゃあ無いだろう、ここまで来たのにガックリです。p_20160807_134809_1_p

上記の写真の道沿いで兵隊さんが更新をしていました。この暑い中正装でたまらないでしょうね。写真撮りそびれてかたじけないです。p_20160807_141039_1_p

p_20160807_141053_1_p

p_20160807_142516_1_p

これは政府系機関だったかな?ちょっと思い出せません。

そして、休み休み歩きながらようやく総合公園?に到着!が!しかし、博物館は休み・

折角来たのに、今まで汗だくで歩いて来たのが無駄になりましたよ・

ちなみに下記写真のホーチミン廊もお休みです、何なんでしょうか?今日は政府機関

とか博物館系の建物はお休みかな?歩き方の本とか持ってないので詳細は解りませんが

今日は周りを見学で諦めるしかないです。残念ながら!p_20160807_141543_1_p

これがホーチミン廊!学生さんがいっぱい来てましたが          休館日なので 皆さん、外で撮影会。

まあ、以前にもホーチミン廊は訪れているので絶対に見学しなきゃいけない訳じゃない

けど、ここまで来たんだから残念です。その後は上記、博物館の周りの公園で写真を

撮ったり、散策したりしてましたが段々と意識が朦朧としてきました・やばいですね。

飲物買おうかと思ったけど日本よりちょっとだけ安い程度だし。すると博物館入り口の

反対側で冷たいお茶の屋台が^^ チャーダー 冷茶です^^これ苦味が日本茶以上に

ありますが暑い時最高です。 アジア諸国って中々砂糖なしのお茶って探すのが大変

なのは経験済みなので。ベトナム特有の背が低いプラスティックの椅子に座って

バオニュー いくら?と聞くと3000ドン、14円との事。早速いただきました。冷たい!

美味いです。砂糖が入ってないのが本当にグッド^^ 日陰でようやく暑さから少しだけ

解放されました。 この屋台ではよっぽと体力を消耗していたのか?30分以上も居座って

居ましたね・ あまり暑い時に出歩くのはお勧めできません。でも時間も無いのでホテルに

籠っているわけにはいかないので結局のところ無理をしてしまうのですけど。p_20160807_155015_1_p

美味い^^、日本で言うゴマしゃぶのタレその物。食べた瞬間ゴマダレのしゃぶしゃぶを思い出しました。自分の足が写って失礼!p_20160807_155021_1_p

その後一端、ゲストハウス街がある旧市街へと戻り、遅めの昼食を取りにウロウロしてると

一軒の屋台にやたらと人が集まって食べているので覗くと何やら麺屋台のようで。

値段を聞くと一杯15000ドン、約70円。安いだけでなく、いい匂いがするし、旅の経験上

地元の人たちで賑わっている店は美味いに違いないと思い迷わず注文。すると本当に

驚きました。だって味がゴマしゃぶですよ!上記の写真の通りにもやしもタップリと入って

いて、量は少ないけど大満足です^^これは久々のヒット!是非皆様にはこの麺を味わって

頂きたいですね^^ そして、市場からしばらく歩くと見覚えのある鉄道の駅が!

ザーラムと書いてあります。するとザーラムバスターミナルも近いのかな?実はこの駅には

1997年に訪れました。確かベトナムの最大の観光地で海の桂林とも言われるハロン湾へ

行き、帰りにハイフォンから列車でこのザーラム駅まで列車で来たのを思い出しました。

当時は雲南省の昆明からベトナム国境の町、河口ヘイコウへ行く列車の中で知り合った

デンマーク人の男とオランダ人の女性2人組と共にベトナムのラオカイへ入りサパという

これもベトナムで超有名なトレッキングスポットである山岳地へ一緒に行った思い出が

あります。ハノイもこの三人と行動を共にして、ハロン湾クルーズも行きましたが、

あの三人今は何をやっているのでしょう?会いたいですね・

 

さて、話がずれましたがザーラム駅の側は紅河ホンガワという有名なデカい川が流れて

ますが、少し時間が空いたので橋を渡って見る事に。凄いバイクの数。一応歩行者用の

レーンがあるのでそこを歩いて行きます。でもすぐそばをバイクがブンブンと走り抜けて

いくので写真を撮るのも命懸け^^ それでもここに来て正解でした・日もだいぶ沈んで

いるせいもあるけど、景色が思った以上に良かったので・ 橋の周りでは自分以外にも

ツーリストではありませんが地元ハノイっ子でしょう・写真を撮るのに夢中になって

居る人たちが結構いました。中には本格的にモデル撮影をしている人がいるのに

ビックリ。あんな長いドレスを着てバイクがブンブン走っている傍で良く撮影が

出来るなと?スタッフも慌てながらバイクが途切れるタイミングを見計らってましたね^^p_20160807_164300_1_p

p_20160807_164339_1_p

p_20160807_164347_1_p

対岸には高層マンションが!凄いですね、五年弱前にサイゴンに   行った時も街の発展ぶりに驚いたけどハノイも建築ブームでしょうか?p_20160807_164400_1_p

ホン河です。結構デカいですね、こんなにじっくりと              傍で見るのは多分初めてかも?p_20160807_170039_1_p

p_20160807_170029_1_p

p_20160807_170250_1_p

タイとかもそうだけど、こういう線路が有る下町を巡るのが         結構お気に入りです^^   観光客は皆無!p_20160807_172900_1_p

おっと!自分以外にも撮影している人が。                  でも気をつけてないとマジ惹かれます^^p_20160807_172927_1_p

この橋の下でもいくつか集落がありました。畑も豊富で           バナナやパパイヤの木がたくさんあります。

橋の向こう側はこれといった見所は無かったですが、ツーリストは皆無。これが

良いんでよね^^ ハノイはどうしてもメジャーな観光地なので日本人を含む外国人の

ツーリストがたくさん居ります・今日も博物館周辺で多数見かけました。でも折角来たのに

地元の雰囲気が今一つ味わえないのは残念なので、これはこれで良い感じの集落が

ありました。特に上記の線路沿い集落の写真がお気に入りです・普通に子供達が線路の

上で遊びまわっていたり、お年寄りがのんびりしていると風景が大好きです。

こんな感じでいかにも真面目なパッカー旅、一人旅を醸し出していると読者様からは

エロブログなのに何気取った文章書いてるんだか?と笑われそうですが^^ 確かに

僕のブログはマカオサウナとか中国のマッサージとかエッチな部分は日によっては

結構なウェイトを占めているのは事実ですが^^ あくまでもそういったエッチな体験は

タイトル通りに時々なので、基本は旅人?でございますよ^^たぶん??

 

おっとまた話がずれましたが、 さて、橋をまた渡って戻らねば(+o+)

同じ景色だから飽きるかなと?思いきや結構別角度からも川岸の風景が楽しめました・

そして、宿に到着。そう言えば、さっきのザーラム駅の近くに友誼関ユーイーグアン行きの

バン、乗合ワゴンかな? が停まっていたので見てみると友誼関の看板がある事務所が。

どうやらここからダイレクトで友誼関へバンで行ける様です。場所はホン川の手前で

ザーラム駅の直ぐそばです。

鉄橋入り口の動画が見れます。正面がザーラム駅で左手のカーブに  沿って歩くと川を越えられます。友誼関へ行くバンの事務所が       右手にあります。

多分代理店の人なら知っているはず。でも代理店の人は

自分たちのバンで行かないかと?持ち掛けるでしょうが^^値段はチェックしてないので

料金の方はわからずじまいでした。恐らくは15万ドンくらいかな?ランソンからは

13万ドンなので。自分ならドル払いで7ドル以上は絶対に払いませんけど^^

そして、宿に戻ってからシャワーを何と浴びさせてもらうことが出来ました。

ありがとうございます。助かりますねシャワーは本当に。だってシャワーを浴びるのが

早くて明日の朝にハザンでという事になりますので。この湿気と暑さにはホトホト参って

いましたので(+o+) 宿ではお兄さんがリオオリンピックを見ており、サッカー日本代表の

結果を聞くと、 「知らない!ベトナム代表しか興味が無いから!」と一括。ちなみに

シューティングでしょうか?銃で的を得るやつは?ベトナム人シューターとブラジル人が

金メダルをかけて争っていて、結果見事ベトナム人が金メダルを獲得!やっぱりどこの国も

自分の国のメダリスト以外には興味が無いのが事実ですね^^あ!オリンピックサッカー

日本は予選敗退で戦績も散々だったと後でネットでチェックしてわかりました。残念・

次回はミーディンバスターミナルへ向かう所からハザンへの道中編を書く予定です。

長々と失礼しました。

それでは また^^   つづく

 あ! 中国格安バックパック旅行^^も よろしくお願いします。
何故かURL何回貼り直してもアクセスしようとしたページは、
移動されたか削除された可能性がありますと表示されるんですよ( ゚Д゚)でも、     ※ちゃんとアクセス出来ます※ので左手の‘‘はじめに‘‘とかクリックすれば見れます

 にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスで楽天、じゃらん、ヤフーショッピングなどと                   ダブルでポイントゲット



じゃらん提供のクーポンの割引率が高いとじゃらん海外ホテル予約 がお得ですが、    通常の割引クーポンと比べるとケースバイケースでアゴダの方が安い事も有る様です・

【格安航空券】出発2時間前までオンライン予約OK!海外旅行はDeNAトラベル

【海外ホテル】最安値保証!!!海外の宿探しはDeNAトラベル


ツイートツイート

ハノイ到着!

 

 どうもどうも^^  マカオブログランキングでアジアの夜遊び事、番長さんと

インポイントランキング 一位、二位のデットヒートを8ポイントと7ポイントで繰り広げている

ドラゴンでございます^^ 一位が8ポイントってどんだけ少ないんだが^^

 

さて、ミーディンバスターミナルへ到着してからまずやる事は次の目的地である北部の

ハザンへの時刻と値段をチェックすること。ハザンはピンシャンの宿に備えてあったPCで

偶然発見した地域であります。初めて聞く名前と北部の中国国境地帯であり到着して

まずやる事は許可証の取得とかって面倒ですね・昔の中国の未開放地区みたいだ!

でも冒険心がそそられのと、ある方のブログ見ると結構カルスト台地、地形が多様で

魅力ある場所に違いないと思います。今更サイゴンとかフエとかニャチャンとかは

パスなので。

 

早速バスカウンターの表示見ると、サイゴン フエ ダナン ビンなどメジャーな町は

見かけるも、ハザンの文字が見当たらない? あるカウンターで聞き場所を確かめてから

ようやく発見!少し英語を話してくれました。 時間帯は夜の寝台バスをチョイスするのと

いくらか聞くと、 20時、21時、21時半、でそれ以降は無い様子・値段が20万ドンで

925円。一応チェックのみでチケットは買いませんでした。そしてホアンキエム湖へ向かう

為にバスターミナル外の市内バス乗り場へ。ゲストハウスが密集しているのは前述の通り

ホアンキエム湖周辺なので行先をバスの車掌に言うと、行くと言うので乗り込みます。

値段は7000ドン、32円。中国ではエアコン付きは2元、32円なので価格はほぼ一緒・

暑いからエアコンが本当にありがたかった。しかし、結構時間がかかる感じ。乗った感覚

では40分以上は要したかな?不便ですねミーディンバスターミナルは。でも、車掌さんは

降りる場所を丁寧に教えてくれ、行き方を指してくれました。でも、中々、ゲストハウス街に

辿り着く事が出来ず、ホアンキエム湖周辺で人に聞きまくりようやく到着!疲れた!

 

早速ゲストハウスを1軒ずつしらみ潰しに探すも結構高い。8月というピークシーズンも

あり値段が安くても35万ドン、1600円。予算は20万なのですが高いなあ!後フルフル

部屋が空いてないと言われるばかり。かなり苦戦してます。ここまでとは!ようやく一軒に

決め値段は30万ドン、1400円弱・仕方がないですけど。今回の旅はエアコン付きの

シングルにはこだわっていたので。五ドルのドミトリーもありましたが、そこまではちょっと?

 

そして、両替をすべく宝石店というか銀細工の店をこれまた一軒ずつレートをチェックして

一万円を216万ドンで替えてくれる場所で15,000円分を両替。合計324万ドンに

なりました。正直今まで人民元を200元だけしか両替してなかったので心細かったですが

これで懐具合も温かくなりましたね^^ハノイだけでなく、他の都市でもベトナムにおいては

金や銀、宝石店で両替した方が一番レートはベストだと思います。p_20160806_180908_1_p

ホアンキエム湖周辺のゲストハウス街そばの路地!ここでチェー(ぜんざい)を

食べました。物価上がりましたね、一杯1万ドン、46円。チェーが一万ドンか!

早速、宿周辺の路地や市場を散策。食べたかった小豆のチェーを1万ドンで頂き、満足。

ベトナムは小豆のデザートが他のアジア諸国同様にポピュラーなんですよね。

その後は市場や路地をあっちこっち行ったり来たり・まあ二度も以前に訪れているので

土地勘はある程度あるので。後は、ハザンの後、ラオス国境近くのディエンビエンフーへ

ハザンか雲南省との国境近くのラオカイからバスが出ているか代理店でチェックしており

代理店のお兄さんは日本人びいきなのか?結構親切に交通手段をアドバイスしてくれ、

今後の予定を立てておりました。p_20160806_180850_1_p

p_20160806_201009_1_ll_p

夕ご飯はピラフみたいなご飯に肉を乗っけた物。値段は失念。      出来れば定食が良かったです。p_20160806_223435_1_ll_p

p_20160806_223500_1_nt_p

p_20160806_223628_1_p

p_20160806_223535_1_p

上記の写真は夜のホアンキエム湖周辺です。

この後、ハザン行きのバスがこの周辺にあるはずのザーラムバスターミナルから出てるか

どうか?チェックしてましたが、人に聞くも近くだよとか、いや、五キロはあるよとか、やはり

Wi-Fiの地図では分かりにくいので色々と聞きまくりましたが、てんでなしのつぶて(+o+)

するとマッサージの看板が!お!ムフフな場所ですか?ピンクのネオンで怪しい雰囲気

であり、中にはセクシードレスを着たお姉さま方が^^値段ぐらいチェックしても良かった?

でも暑さと疲労でへとへとです。結構アンダーグラウンド的な雰囲気がありました。

場所はゲストハウス街と鉄道のハノイ駅の間にあります。アバウトですが興味のある方は

是非突っ込んでレポートをお願い致します(笑)

 

さて、その後もザーラムバスターミナルを探し求めて歩き続け人に聞くも的外れ連発^^

コンビニのKマートで英語がわかる親切なお姉さんから 彼らを信じてはダメですよ♡っと

笑えないアドバイスをいただきました^^ ちなみにこのお姉さんとは僅か2時間後くらいに

別のKマートでも会いました。聞くと、一店舗だけでなく、あちこちでレジに立つみたい。

大変ですね、いくら小さめのコンビニとは言え。

さて、明日の夜はハザンに夜行寝台バスで向かう予定です。所要時間は6時間なので

多分7時間かな^^ でも早朝に着くのは避けられないにしても極力到着は遅くしたいので

最終の21時半のバスで行く予定です。明日は以前も訪れましたが、博物館やホーチミン

首席が眠られていらっしゃる記念館など訪れる予定です。それにしてもこの暑さ( ゚Д゚)

マジでたまりません。湿気もかなりありますし。熱中症対策は必須です。

次回はハザン行きの寝台バスとハザン到着についてレポート致します。

それでは また^^   つづく

 あ! 中国格安バックパック旅行^^も よろしくお願いします。
何故かURL何回貼り直してもアクセスしようとしたページは、
移動されたか削除された可能性がありますと表示されるんですよ( ゚Д゚)でも、     ※ちゃんとアクセス出来ます※ので左手の‘‘はじめに‘‘とかクリックすれば見れます

 にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



じゃらん提供のクーポンの割引率が高いとじゃらん海外ホテル予約 がお得ですが、    通常の割引クーポンと比べるとケースバイケースでアゴダの方が安い事も有る様です・

自分が加入した時は無料期間が1週間のみでしたので、後もう少し早くやってくれれば^^

ツイートツイート

ランソンからハノイへ!

 

 どうもどうも^^ 取り敢えず両替を済ませ、宿も決まってホッとしたドラゴンです。

さて、ランソンの景色も満足して、これからまた中心まで戻ってから夕飯でも食べようかと

思っています。やっぱり大きな通りに出ると車、いやそれ以上にバイクが多いですね・

まあ、ハノイはこんなもんじゃないですけど。

 

一度宿に戻ろうと思うけど面倒くさいのでそのまま夕ご飯を食べれる場所を探すことに。

そして、一軒のレストラン?っぽい場所で食べることに。夕ご飯は屋台ではなくて

食堂で食べたかったので。そして、店のご主人らしき人ちょっと英語がわかるので値段を

聞くと、5万ドン!うーん?まあ人民元で15元だから全然普通とは思い少し考えていると

じゃあ4万ドンって!いきなり一万も下げてきたのでダメ元で3万はダメかな?と

笑顔で答えると何と店のご主人!オッケーですっと爽やかに返事が^^いやあさすがに

3万ドン、9元、145円は無理かと思ったけどなんにせよラッキーです^^

しかし、豚肉、ご飯、スープが有ればOKと伝えたけどその後に出てきたメニューの数々に

ちょっと申し訳ない気持ちになりました。以下が145円のメニューの写真です^^p_20160805_202106_1_pこれで3万ドン、145円?チョット大サービスでしょ?ご飯特盛クラスです^^ 

本当に上記の写真を見て頂ければお分かりの通りに、特盛のご飯に、豚肉炒め、

青菜のソテー?炒め?にその青菜を煮た後に出た出汁を使ったスープ。このスープは

味が青菜の味しかしませんでした^^でも贅沢はいけませんね。ウェイトレスさんが次々と

持って来る皿の数に注文間違ってないか不安になるくらいでしたよ^^ でも、どれもこれも

全てが本当に美味しかったです。ご馳走様でした^^

再びランソンの地図を^^ドンダンが国境の町ですね。

そう言えば宿の名前と写真を撮るのを忘れてしまった。すみませんでした。

場所は中心部であるのは間違いないのと漢字で賓館だか旅社とか書いてあります。

まあ、ぼろいけど一応エアコン付きシングルで20万ドンならOKでしょう。

さて、明日のハノイまでの交通手段をジェスチャーと単語程度のベトナム語で聞くと

どうやらセービュイット、バスの事ですが無いらしい。ロータリーらしき場所を指差して

それから宿の前を通る乗合ワゴン、つまりドンダンから自分が乗ってきた様なワゴンなら

ある様子。値段は大体12から13万ドンとの事。ちなみにスマホ見せてWi-Fiと言ったら

通じました^^ベトナムでもWi-Fiはそのままワイファイで通じますね。中国と一緒です。

夜中にちょっとだけ宿の周りを散策して屋台で何かお菓子かパンみたいのを買いましたが

ちょっと記憶が薄れて値段とかも失念(+o+) 写真も自分はそんなに撮らない方なので。

 

翌朝起床! 暑い!!エアコン付きシングルなのに?と思いでしょうが何と今朝未明に

停電が起こりました。ついてないですね。おかげさまで早朝に目が覚め暑さでぐったり。

とにかくだらけていてもしょうがいないからチェックアウトして、道路反対側の雑貨屋さんで

パンを購入。主人に言われたロータリーへ行くと凄い数の乗合ワゴンが待機してました。

向こうから声をかけてくれて、ハノイまでは13万ドン、600円との事。

この呼び込みや運転手さんも愛想よくすぐに乗車。ハノイは有名なホアンキエム湖周辺に

ゲストハウスが多数密集しているのでホアンキエムへ行きたいと言うと何やらまたお友達に

電話してくれて、お決まりのニーハオと^^こちらも片言程度で頑張るも意思疎通が困難^^

乗客の皆さんは結構中国語はお上手ですね。まあ、ホアンキエムへ行きたい旨は通じ

出発!フロントガラスにはハノイ、ミーデインバスターミナルなど書いてあります。

割と狭いけどエアコンがありがたかった^^ ベトナムも発展してきた実感がわきます。

ランソンからしばらく走るとバイパスに入り、右サイドに奇岩景勝地ばりの山々が連なって

います。まだしばらくは奇岩が続きますね。チョット中国の奇岩景勝地とは地形が

変わってましたが、さすがに奇岩景勝地はお腹がいっぱいになりがち^^

ハノイ行きワゴン道中の景色があまりに良いので動画を撮りました^^ p_20160806_110859_1_p

途中の休憩所で。ランソンから乗ったハノイ行きの乗合ワゴン!            ここでちまきを5千ドン、23円で購入。味は割とシンプル。

途中ドライブインに寄り小休止。 ここで粽の様な物を買いました。

再び出発! 結構時間がかかります。朝9時に出て、もう13時前になるところですが、まだ

町らしき風景ではありません。まだ、お客さん拾っています。少しでも稼ぎたいんでしょうね

 

そして、ようやく到着!場所はミーディンバスターミナルでした。

やっぱり中心までは行ってくれないですね・ このバスターミナルからだと

結構中心まで距離あったはず。取り敢えずホアンキエムまで行く前に

ここミーディンバスターミナルから今回のハイライトでもある北部へ行くバスも

出ているはずだから値段と時刻表もチェックしておきます。

またここまで来るの大変だし、やれることはやっておこうかと^^

防港城のバスターミナルみたいな二の舞を踏むのはごめんです・

次回はハノイを中心に展開していきます。

それでは また^^   つづく

     

  あ! 中国格安バックパック旅行^^も よろしくお願いします。
       何故かURL何回貼り直してもアクセスしようとしたページは、
移動されたか削除された可能性がありますって表示されるんですよ( ゚Д゚)
でも、※ちゃんとアクセス出来ます※ので左手の‘‘はじめに‘‘とかクリックすれば見れます

 にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



じゃらん提供のクーポンの割引率が高いとじゃらん海外ホテル予約 がお得ですが、    通常の割引クーポンと比べるとケースバイケースでアゴダの方が安い事も有る様です・



ツイートツイート

ドンダン経由でランソンへ!

 

 どうもどうも^^ ようやく国境越えの記事を更新できてホッとしたドラゴンです。

さて、国境越えてまずはドンダンまで向かいます。しかし、バイタクは10元とか

訳わからん値段を中国語で提示!結論から申し上げますと歩いて行きました。p_20160805_112707_1_p

ベトナム側から見た国境ゲート!意外とバイタクの数が少なめ。でも10元はねえ? 

暑いのに良くやりますねぇ!実際三キロ以上あります。テクテク歩いて40分程で到着。

下記写真が手前1キロ弱の道路。結構田舎ですが好きですねこういう風景。p_20160805_115119_1_p

向こう側に見えるのがドンダンの町。友誼関からこんな距離あったっけ?

そして、ドンダンに到着もやたらと暑くて誇りっぽいです。とりあえずランソン行きのバスか

乗合ワゴンを見つけなくては。英語は通じず、辛うじて中国語が分かる人が道路沿いに

居ましたので聞くと、ここでランソン行きが捕まるようです。値段は恐らく20000ドン以下で

乗れるはず。ちなみにレートは1ドルが22,200ドンと桁が多過ぎで計算が面倒。

今回は中国から国境越えしたので、人民元をベースに物価を考慮して旅する予定です。

最もハノイの宝石店か金行(金を売る店)で円から直で両替する予定ですが!

 

さて、ベトナム語はかなりの部分がアルファベットと変わらないので読解はさほど困難では

有りません。早速LAN SONの文字を掲げる乗合バンを見つけランソンを連呼するも、

ダメ出し食らいました。何で?訳わからん(+o+) 諦めずに次のバンに声をかけて

バオニュー(いくらの意味) 聞くと20,000ドン、93円との事でしたので即決!とっても

愛想が良いお兄さんでわざわざお友達に電話をかけて中国語で通訳してくれました。

と言っても片言だし、とにかくランソンの中心に行きたいとだけ伝えたけど通じたかな?

周りの乗客たちも結構フレンドリーで色々とどこへ行く?みたいに話し掛けてくれます。

ここでもぼったくりにあったら嫌だなと思ってました順調で20分程で到着。さて?どこかな?

あ!遅らせながらランソンの地図を^^ドンダンが国境の町ですね。


ここは?街の中だけどまたしても中国語が解るお兄さんが近くに居たので聞いてみて

とにかく宿を探しまくりました。暑いのなんのって、安宿らしきものが見当たらない!とにかく

何軒も調べまくり、結局かなり歩いた場所でエアコン付きシングル20万ドン、930円弱?に

決定。ぼろいけど人民元なら60元か?ご主人も愛想が良いし取り敢えず良かったです・

おっと!まだ、ピンシャンで両替した100元、330,000ドンしかないので円で両替を

したいけど難しいだろうし、米ドル10ドルしか持ってないし、もう100元両替すればハノイに

到着するまで十分なのでべトコンバンクへ向かいますが、場所が良くわからん?

すると最初に両替をやってないとの事で断られた銀行のお姉さんがわざわざご丁寧に

 もし良かったらベトコンバンクまで同僚がバイクで連れていきますよ💛 」って、

嬉しい申し出。でも迷惑かけれません。彼らだって仕事があります。遠慮すると、

遠慮しないで下さいって本当に有難い申し出でしたが、本当に迷惑かけれないので

大丈夫、自分で教わった通りに行けばノンプロブレムですよ^^と深々と礼を言い銀行へ。

しかし、ランソンのベトコンバンクってマジ辺鄙な場所に有りました。結論から

申し上げますと、レートが良くなかったので勿体無いけど市場へ向かいます。

折角場所を教えて頂いたのに申し訳ないです。でも某銀行のお姉さん本当にありがとう。

 

そして、市場で何度がブースをグルグルと周り、ピンシャンと同じ1元が33,000ドンという

レートで100元を両替!後は冒頭で述べたようにハノイの宝石店で円を両替で良いでしょう

腹が減ったので今回初のベトナム飯。 市場横で美味そうなCOM(飯の意味)屋さんを

発見!最初3万ドンとか言ってたけど絶対にもっと安いはず^^ 値切ると2万ドンまで

値段が下がり、冷えたお茶(ウーロン茶をチョイ苦くした感じ?)はもう一人のオバちゃんが

何か本当は3000ドンだけど2000ドンで良いよとおまけしてくれた様子^^実際に冷えた

お茶はどこ行ってもこの後、3000ドン均一でした。後、2万ドンもこれが最安値でした。p_20160805_144823_p

p_20160805_144817_1_p

肉が少なめですが、基本飯は大盛り以上^^野菜も大盛り。助かりますね野菜不足に。左側の氷入りドリンクがベトナム語でチャーダー チャーは茶で、ダーはアイスの意味で合計22,000ドン ほぼ100円です^^  きっとまけてくれたんでしょうね^^

いやあ、特に大盛りの野菜がありがたかったです。ご馳走様でした。さて、これから観光に

行きますか?ここベトナムは社会主義国ですが、普通にYouTubeやグーグルなど閲覧が

可能です。グーグルマップと観光地の情報をゲットしてさっそく向いました。

名前は ファイロン湖 です。 たぶん火の竜かな?ベトナム語って漢字から来ているので

ここは別の市場近くのホテルのフロントのお姉さんから教えてもらいました。p_20160805_171702_eff_p

p_20160805_171740_1_p

p_20160805_171620_1_p何か中国の小桂林って感じですが、景色は中々良かったです。     

さて、上記のファイロン湖を堪能してからもう一つの候補地である洞窟へ行きましたが

場所がわからず断念。どうも下記写真の山の何処かに有る模様?でも景色見たいし折角

だから登って見ることに。結構急ですが割と運動というかウオーキングしている人が多かった

ので自分も上半身裸になって挑戦^^ 暑いけどどうせ汗かいているし、頂上まで気合いで

登り到着! 結構周りの景色は奇岩も多くてグッド。外国人ツーリストも皆無でこういう

場所こそ自分的には好都合です。夕方に近い時間帯だったので地元の人も運動に

来ているのでしょう。途中ジュースを売っている夫婦が居たので覗くも甘そうな飲物ばっか。

でもこの夫婦も自分はニャットバン日本からだよって言うと爽やかに微笑んでくれました。

結構この町の人良いですね。北ベトナムは割とぼったくりや人が悪いケースが有りますが、

多分観光客がほとんど来ないので擦れていないんでしょうね。

p_20160805_175408_1_p何か日本の田園風景の様です。p_20160805_175445_1_p

p_20160805_175250_1_hdr_p

p_20160805_175350_1_hdr_p

p_20160805_175301_1_hdr_p

p_20160805_175511_1_p

p_20160805_175445_1_pピンシャンや桂林、 陽朔ヤンシャオなど中国の奇岩とは一味違う景色。p_20160805_183158_1_hdr_p

p_20160805_183329_1_hdr_pまだ青いパパイヤ。今回まだ食してないので食べたいです。p_20160805_184456_1_p山を降りたところの集落。桃の天然水みたいのを8千ドン、37円で購入。味はまさに桃の天然水でした^^

頂上での景色もたっぷりと堪能してから麓の集落を少し歩きました。結構いい感じで

バイク屋車も少ないのがホッとします。ホテル周辺や中心部はマジで車やバイクが多すぎて

ウザイったらありゃしない。上記写真の集落で桃の天然水みたいのを購入。味はまさに

桃の天然水^^ さて、先ほどのファイロン湖周辺の市場でも見てから夕食へと向かいます。

明日は首都ハノイへ行く予定です。もうハノイ何回目かな?さすがに飽きたけど今回の

ハイライトのベトナム北部の町へ行くにはゲートウェイになるので。

それでは また^^   つづく

  あ! 中国格安バックパック旅行^^も よろしくお願いします。
       何故かURL何回貼り直してもアクセスしようとしたページは、
移動されたか削除された可能性がありますって表示されるんですよ( ゚Д゚)
でも、※ちゃんとアクセス出来ます※ので左手の‘‘はじめに‘‘とかクリックすれば見れます

 にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



じゃらん提供のクーポンの割引率が高いとじゃらん海外ホテル予約 がお得ですが、    通常の割引クーポンと比べるとケースバイケースでアゴダの方が安い事も有る様です・

【格安航空券】出発2時間前までオンライン予約OK!海外旅行はDeNAトラベル

【海外ホテル】最安値保証!!!海外の宿探しはDeNAトラベル

 


ツイートツイート

いよいよベトナムへ抜けます!

 

 どうもどうも^^ ワールドプレスでようやくサイトマップ表示を上部に添付出来て

少しほっといるドラゴンです。さて、本日はいよいよベトナムへ抜ける予定です・

宿をチェックアウトしてから昨日着いたバスターミナルへと徒歩で向かいます。

歩いても5分程度だから都市に比べ本当に楽ですね。そして、ピンシャンに向け出発。

行き同様にⅠ時間で到着・まずは昨日チェックした市場へ行き人民元からベトナムドンへ

両替を試みました・ 2.3件周りベストレートが1元で3,300ドンのブースで両替。

まあ、ドルや円をハノイやサイゴンで直で換えた方が多少はレートが良いですがドンを

持ち合わせていないのでしょうがいないですけど。 それにしても、この両替おばさんは

十万ドン札すら持ち合わせていないので、僕が両替した100元=330,000ドンに対して

5万、二万、一万、五千、千、と????誤魔化すつもり?というくらい細々と渡して来て、

文句言うと、 これしかないとの返事。 おいおい。 計算大変だよ(+o+)  p_20160805_085955_1_p

再度お馴染みの豆乳と油条の朝食セット3元、48円。好きですねえ^^

その後、またまたお馴染みの朝食セットを頂いた後に早速前回滞在時に調べ済みの

バス乗り場へ。 友誼関手前3キロ程の完全道路沿いまでこちら6番のバスで行けます。

 友誼関行き6番バスの車内からの風景です

すぐにバスは出発!あっという間に町をすり抜けて郊外へ。途中ベトナム人らしき若者も

乗車してきました。さほど頻繫には停車を繰り返すこと無く、相変わらず奇岩景勝地の様な

景色を堪能しつつバス停到着!所要時間は40分ほど。そして、バス停のところには

バイタク←バイクタクシー のオジサンが待機中。実は99年にこの国境をベトナム側から

抜けましたが、この時は何とまだバックパッカー初心者の若者と友誼関から三キロこのまさに

バス停まで歩いた記憶があります。バカやってましたね^^ でも今回は時間を有効的に使う

為にもバイタクを使用でお値段は5元、80円!僅か5分程度で国境到着。p_20160805_104934_1_p

友誼関の関所上から見た中国側の景色。向こうに貿易関係のビルが見えますが、  この辺り前回の99年の時と比べようもないくらいインフラとか発展ぶりが凄い。何てたって高速道路が友誼関入口ゲート手前まで開通してましたから。

友誼関は入場料30元を払えば中国側の国境の中までは入ることが出来るせいか

中国人観光客が大勢訪れている。凄いね。そんな中国人観光客を尻目に自分は

パスポートをゲート入り口で見せて無料で入場。早速関所の中の博物館へ向かいます。

前回はこの砦というか博物館、見逃していたので楽しみにしていました。p_20160805_105652_1_p友誼関の関所・ここって1978年の中越戦争の舞台、まさに前線地域・p_20160805_104536_1_p上の左の写真はホーチミン首席と毛沢東首席。上右は1955年にホ~さんが    ピンシャン駅を訪れたもの。p_20160805_104506_1_ll_p

p_20160805_104335_1_ll_p周恩来さんとホ~おじさんが会談を行った部屋。p_20160805_104215_1_ll_p1993年に国境貿易が再開された時の模様。ほんの20年前位前だったのですね。

関所の中に入るとホ~主席や毛沢東首席、周恩来さんなど歴史の教科書にも出てくる様な

要人達がここを訪れた写真がズラリと!この頃は平和でしたが後に中越戦争が勃発・

まさにここ友誼関は戦場の第一線となりましたね。ほんの30数年前の話です。

でもその後に平和条約締結して、1993年にこの友誼関の国境貿易は再開。当時は

バックパッカーがこの国境を超えるなど夢物語でしたが、僕の記憶では94年には確か

超える事が出来る様になったはずです。実際ベトナムへ行くのにはツアーしか手段が

20年以上前は有りませんでしたから。まだまだ当時は地球の歩き方フロンティアという

雑誌にしかベトナム情報はありませんでした。それが今じゃ雑貨大好き女子が普通に

訪れているので嬉しい限りです。p_20160805_104855_1_p友誼関の上から中国側の景色p_20160805_105704_1_pここが中国側の出国ポイント。いよいよ出国です。

いよいよ出国審査です。この国境面白い事にパスポートコントロール通過する際に

ゲートにボタンがいくつかあったので、何かと思ったら突然日本語のアナウンスで

「審査官の対応はいかがでしょうか?」なんてアナウンスが流れてきてビックリ^^

勿論、満足のボタンを押してあげました。中々やりますねぇ!中国の審査場も^^

そして、しばらく歩くと、いよいよベトナム側の入国管理局が見えてきました。

一応、ベトナム側の入国に関する案内では帰りの航空券が必要となりますが今まで

何回もベトナムへ訪れているが一度も聞かれたことは有りません、が!やっぱりちょっと

緊張してきました・p_20160805_111053_1_p

p_20160805_111044_pベトナム側の入国審査場ついに到着!p_20160805_110856_1_p

p_20160805_110850_1_p向こうのゲートを超えるともう完全にベトナム側になります。

そして、ベトナム側の入国審査ですが、結構並んでいます。聞きたいことがありますので

近くの審査員に英語で聞くと、ノーイングリッシュの答えが^^ まあ大した事ではないので

良いですが、ちょっと不安になります。結論から申し上げますと問題なく入国完了しました。

いやあ、良かった。何かケチ付けられたら嫌だなあと思いましたが良かったです本当に。

特に賄賂とかもなかったし、でも中国人の人は何か払っていた様な?見られちゃあマズイ物

でも携帯しているのかな? とにかく今日の予定はランソンというやや大きめの町へと向かう

予定ですが、その前に最初の町ドンダンへは3キロ程度あります。バイタクしかないのが困る

前回は根性でここも中国側同様に歩きましたが時間が勿体無いのでバイタク捕まえてみよう

かと思います。ただぼったくりが多いので最悪歩きますね^^ 次回はドンダン、そして、

ランソンの様子を公開していきます。

それでは また^^   つづく

     

  あ! 中国格安バックパック旅行^^も よろしくお願いします。
       何故かURL何回貼り直してもアクセスしようとしたページは、
移動されたか削除された可能性がありますって表示されるんですよ( ゚Д゚)
でも、※ちゃんとアクセス出来ます※ので左手の‘‘はじめに‘‘とかクリックすれば見れます

 にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



じゃらん提供のクーポンの割引率が高いとじゃらん海外ホテル予約 がお得ですが、    通常の割引クーポンと比べるとケースバイケースでアゴダの方が安い事も有る様です・



ツイートツイート

龍州の町と公安での出来事!

 

 どうもどうも^^ ワールドプレスでツイッターに自動投稿出来なくてムカついて

いるドラゴンです。さて、お昼も食べて、さすがに暑さに耐えきれず午後は

博物館と前回お話しした通り水口からベトナムへ抜ける事が出来るか?どうか?

これについて公安局を訪れる予定です。p_20160804_172355_1_p

博物館入り口前の広場!あの中国の国旗が掲げている向こうに公安が

さて、上記写真の左手にある公安局らしき場所に行ったは良いけどどうもここじゃないと

事務所に言われ別の場所へ。しかし、ここでも違うもっと北の方だと言われて移動・

もう相変わらずたらい回しにされるのはしょうがいないですけど、暑さもあって疲れます。

そして、ようやく到着!早速事の成り行きを説明すると、あなたはベトナムへ行きたいん

ですか?と若い公安から英語で問われ、うーん?ちょっと待って。英語よくわからないから・

すると門の近くの事務所に案内され、しばらく事務所の同い年の公安から

「 君は僕とほぼ同い年なのにまだ結婚してないの? 」とか散々いじられ、お話ししてると

ようやく可愛らしい感じの女性公安官が登場^^ お!可愛いね^^

「  あなたはベトナムへ抜けるのですか♡ 事情を説明してください。」と言われて

「 後、パスポートを見せてくださいね💛 」 って自分パスポート携帯してないし。

あ!コピーなら有りますが、」と自分!するとお姉さん=公安官  うーん?と困った顔。

とにかく事情を説明して下さいと言うので、かくかくしかじか水口は第三外国人は国境を

超えられる?って聞くと、 ちょっと待って下さい。国境に電話して聞いてみます・との返事。

またここでしばらく待っている羽目に(+o+) やっぱりパスポート原本じゃないとまずいのか

でもただ単に聞きたかっただけなので。

 

そして、ようやく回答がありました。 お姉さんいわく、

「 残念ながらあなたがおっしゃる通りに第三外国人は水口からベトナムへ抜ける事は

不可能です。ピンシャンに戻ってから友誼関へ行ってください・ごめんなさい。♡ 」

あらら、やっぱり駄目でしたね(+o+)  チョットマイナーな国境を越えてみたかったけど。

それからお姉さんは一言、 「 あ!次回はちゃんとパスポート携帯してくださいね💛 」

ごもっとも^^ 原本無しで恐れ多くも中華人民共和国の公安局をコピーだけで訪れる

自分は究極の愚か者でございます。皆様は真似をしないように。

でも龍州の公安局の皆様、お忙しいところ色々とお答え頂き誠にありがとうございます^^

しかもわざわざ英語の話せる可愛いお姉さんまで来てくれて、おまけに国境にわざわざ

電話までしてくれてありがとう^^ 感謝申し上げます。p_20160804_172107_1_p

この毛沢東の銅像の向こう側に見えるのが博物館・

その後、上記写真の博物館を訪れるたけどちょっと時間オーバー(+o+)

半分チョットしか見学出来ませんでした。ただ、無料なのに結構見ごたえがありましたね・

入り口にお姉さん達も帰る時手を振ってくれました。本当にいいね!この町!やっぱり

南国の人はちょっと感じが違うというか、フレンドリーさがよりある気がします。p_20160804_200242_1_ll_p

夕ご飯に食べた野菜と肉の炒め物定食? 14元、220円で満足です^^

そして、また少し涼しくなって来たので宿の周辺をお散歩しました。やっぱり川があって

橋が良い感じにかかっていたり、町並み自体が古いので歩いていて飽きません。

その後、歩いている途中で見つけた、これまた古くていい感じの食堂で肉野菜炒めと

ご飯を16元、220円で頂きました^^ 美味いです。上記写真の通りにご飯も大盛りで^^p_20160804_210956_1_ll_p

KMC?漢字で見ると肯徳基じゃなくて肯麦基?ケンタとマックのコラボp_20160804_230215_1_p

宿近くの雑貨屋さんでポテチとビールを買い、近くのテーブルで頂きました^^!

そして、上記写真に写っているビールを4元、65円。ポテチは1元で宿近くの雑貨屋で

買い、表にテーブルとイスがあったので、使用していいか聞くと大丈夫だよとの事・

遠慮なく?座って頂きました^^4元って激安ビールですね。大瓶で60円ちょいですよ!

さて、明日はいよいよベトナムへ抜ける予定です。今回の中国は6泊7日と短い時間で

ありましたが、久々のベトナムにエキサイトしております。一応ビザは2週間不要ですね。

ただこれも日本人を含むごく一部の国々の特権です(^^)/ 続きは次回へ。

それでは また^^   つづく

     

  あ! 中国格安バックパック旅行^^も よろしくお願いします。
       何故かURL何回貼り直してもアクセスしようとしたページは、
移動されたか削除された可能性がありますって表示されるんですよ( ゚Д゚)
でも、※ちゃんとアクセス出来ます※ので左手の‘‘はじめに‘‘とかクリックすれば見れます

 にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



じゃらん提供のクーポンの割引率が高いとじゃらん海外ホテル予約 がお得ですが、    通常の割引クーポンと比べるとケースバイケースでアゴダの方が安い事も有る様です・



ツイートツイート

ピンシャンから龍州へ!

どうもどうも^^ 相変わらずワールドプレスのカスタマイズに苦労している   ドラゴンです。さて、本日はここピンシャンから40キロほど離れた龍州という町へ向かいます。早速バスターミナルへ行くと結構な本数が出ている様子。何たってたったの40キロですから。おっとその前に朝食を^^いつものお気に入りの油状と豆乳のセットを3元、48円で頂きました^^ 豆乳多めでパックで無かったのが 良いですね。   p_20160805_085955_1_p自家製?豆乳と油状のセット。豆乳はパックより自家製がグッド^^

さて、バスに乗って移動ですが、久々に見た!超おんぼろなミニバス^^これは凄い。

ある意味では貴重な存在です。写真無くてすみません。でも、これエアコン無いし

だから十元と格安なんですね。まあスピードは出てるし、快調に奇岩景勝地を見ながら

龍州へと向かい、本当に一時間で龍州に到着!実はここで文山経由でベトナム国境へ

向かう予定でしたが、文山までの乗り継ぎが超大変そうなのでギブアップ!取り敢えず

龍州の観光地でもと思いバスターミナル反対側の旅行代理店に向かいます。

この代理店の叔母さんがメチャ親切に対応して頂き、何と地図だけでなく景勝地一覧の

写真が載ったガイド本までくれました。さすがにこの本は荷物になるので断ったんですが

良いからお金いらないからどうぞ!と言われ、断れなくて有り難く?頂きました^^

でも、地図にも観光地一覧表が載っているので本当に助かりました。ありがとうございます。p_20160804_191846_p龍州で泊まった宿、お値段が60元、960円!またPC付きですね^^

早速宿を探しを開始して三件目で決定。老夫婦がやっている良い感じのやどだったので

ここで決定。また部屋にPCがありました。助かりますね。だってスマホより検索しやすいし。

そして、地図を片手に散策開始。p_20160804_162720_1_p

川沿いに停まってる川船が良い感じです。p_20160804_162703_1_p?何か五重塔みたいのがあったり、川の斜面の地形が変わっていて結構写真映えする景色が多い街と感じました。

結構この町の景色が気に入りました。川沿いが写真映えするし、良い感じの古い町並みで

暑かったけどどんどん歩き回って行きました。p_20160804_162545_1_p

p_20160805_083433_1_p

バナナが沢山なっております。さすが南国!p_20160804_144441_1_p

出来れば向こうに見える奇岩景勝地まで行きたいですが、行き方分からないし、歩いては とても行けそうにないので断念。

p_20160804_140719_1_p

 

p_20160804_140712_1_p

地図の見所を頼りに崖の上まで行こうとしたら工事中で閉まってました。何のために

歩いてここまで来たのかなとも思いましたが、まあ景色が良いのでいい運動と思いましょう。

p_20160804_135743_1_p

p_20160804_134822_1_p

p_20160804_122342_p

ロンガンがたわわに実っています。龍眼と漢字で書きます。東南アジアではポピュラーな

フルーツです。味はあんまし好みではないかな?ちなみにこの近くに刑務所があって

門の所で家族の人が泣き叫んでいました。ちょっと嫌なもの見ちゃいましたね。

それにしても、目的地の山の上のお寺が閉まっているのにはガッカリ。この辺りを散策して

いると結構ドライバーから寺の所在地を聞かれたので閉まっているよと伝えてあげました。

ナンバーみると浙江省とか走っているし。浙江省って上海の近くですよ!凄いですね^^

ここまで車で旅行に来たのかな?何台もの他省から来たドライバーさんに道を尋ねられ、

いっぱいいっぱいの普通語で答えました。確かにここ車やバイクでツーリングしたら

最高ですね^^ そして、しばらく山の景色を堪能してから町へ戻る途中に良い感じの古い

食堂があったので炒麺つまり肉入り焼そばをいただきました。美味いです。しかも値段は

僅か7元、110円程度だし。今本当に中国全土で物価が上がっているのを感じます。

ただ、香港国境のシンセンやマカオ国境の珠海市でもあんまし値段が変わらない気が

するのは気のせいでしょうか?さすがに七元で焼そばは上記の都市では無理ですが^^p_20160804_132017_1_p

お昼に食べた炒麺!7元ですが肉入りで食いごたえがありました。味もグッド^^    やっぱり本当の田舎は物価が安いですね。110円程で肉入り焼そばが頂けるから。p_20160804_134754_1_p

水力発電所かな?向こうに見える奇岩がグッド

p_20160804_112514_1_p

p_20160804_134809_p

p_20160804_122330_1_p

p_20160804_152112_1_hdr_p

凄いトウモロコシの山^^ 最初は何かと思ったけど干してどうやって          食べるのでしょうか?

さて、午後はと言っても既に二時を回ってますが博物館とか見学する予定です。

さすがに暑さにやられちゃっております。年のせいもあるけど若くてもこの暑さは

かなり身体に負担がかかるので。 後、これからベトナムへ抜ける予定ですが、

水口と言う場所がここ龍州から路線バスで行けるようです。水口とバスに書いて

ありました。ただ、昨日ピンシャンの宿でネット検索していたら、1年前の段階で

第三外国人、つまりベトナム人と中国人以外は国境を超えると事が出来ない様子。

このあたりも公安に行って確認する予定です。公安行くの嫌だけどまたピンシャンへ

戻るのも億劫ですしね。ただ、今回ガイドブックの類はスマホデビューしたので

全く持ち合わせていないんです。馬鹿ですねえ^^最もこんな辺鄙な国境情報は

歩き方とかにも記載していないでしょうけど。長くなりましたので続きは次回へ。

 

それでは また^^   つづく

     

  あ! 中国格安バックパック旅行^^も よろしくお願いします。
       何故かURL何回貼り直してもアクセスしようとしたページは、
移動されたか削除された可能性がありますって表示されるんですよ( ゚Д゚)
でも、※ちゃんとアクセス出来ます※ので左手の‘‘はじめに‘‘とかクリックすれば見れます

 にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



じゃらん提供のクーポンの割引率が高いとじゃらん海外ホテル予約 がお得ですが、    通常の割引クーポンと比べるとケースバイケースでアゴダの方が安い事も有る様です・



ツイートツイート