アモイ厦門は旧市街でお土産買ったり海鮮料理食べたり

 

 

 

 

 

 

 

前回の記事ではコロンス島への渡航へを諦めて旧市街へ戻ったところまで

お話ししました。さてさて旧市街をざっくりと見渡す限りでは昔とそう変わっては

いない様子です。結構古い街並みというか古い、東南アジアのマレーシアや

シンガポール辺りに有る石造りで一階が吹き抜けタイプの建物が今でも数多く

残っています。それにしてもまた雨がひどくなった!傘を買わないと。

実は滝浦ジャンプーの清アン楼の側で親切なオジサンに貰った傘がもはや

崩壊寸前であります(^^;) オジサンありがとうございました。お陰様で雨を凌げたけど

流石にもうこの傘は限界が来ておりますので^^

 

 

 

  1元起のデカい文字!1元の商品ってどんな感じでしょうか

 

そして上記写真のすぐ側の商店でようやく傘を15元、240円でゲット!

ちょっと小さめだけど折り畳み式だし最悪でも日本までもってくれれば良いので。

本当に傘を買おうと何回も思いつつ清アン楼で会ったオジサンに申し訳ない気がして

買うのを躊躇してたけど、やっと踏ん切りがつきました。さあ、傘も新調した事だし

街歩きをエンジョイしましょう。 旧市街奥へ入って行くと下記写真の市場へと

出ました。中々活気があります。良いですね、こういう雰囲気は中国どこ行っても

必ず訪れたい場所です。チョット空を見上げるだけで周りには近代的な高層ビルが

立ち並ぶ厦門ですが、こういう新旧のコラボは嫌いではありません。

  上野のアメ横商店街みたいです。周りは近代的な高層ビル群が!

一歩曲がり角を曲がるだけで上下写真の様に古いマレーシアみたいな街並み

 

   一斤500gで1元の見切り品!緑の固いミカンを買いました。

上記写真の店で見切り品のミカンをたったの1元、16円で500g購入。

緑色で固いけどこれは日本への自分のおみやげです^^ 固いから潰れなくて

良いし、帰国してから時間たてば丁度いい塩梅になるのかな?

某食堂の従業員募集のチラシ、皿洗いや厨房で月2600から3300元

 

見切り品のミカンを購入した後に何気に目に入ったある食堂の募集のチラシ!

見てみると店長が4500~5500元、73,000円~89,000円とまあまあの給与!

皿洗い、厨房、接客サービスなどが2,600~3,300元、42,000円~53,500円

一番下の学生さんだとチョット下がりますね。流石に厦門の給与は他の地方都市に

比べたら少し高めです。最低でも学生さんでなければ2600元、42000円と悪くは

無い給与ですね。包食宿は読んで字のごとく賄いと部屋付きという意味です。

何とか?奨金は恐らくボーナスの事でしょうね。物価は確かに年々増加しているのは

確かですが、一部は10年前と比べてもほとんど同じですし、ビールも5元と地方の

4元と比べても大差ありません。まあ厦門は色々とお金が必要というか支出が増えそうな

街ではありますけどね^^ 誘惑が多そうだし(笑)

 

さて、お腹が空いたのでそろそろ晩ご飯にしましょうか?

適当に路地をうろついてると一件の表の看板に海鮮チャーハンの文字が!

早速注文! ついでに中国最後のビールも注文しました。ビールは何と昔ながらの

懐かしい?お椀がグラス替わりでサーブされた(笑) でもお椀だからといって

別にグラスと比べても味は変わりません(笑) そして海鮮チャーハン到了!

お味の方は?? うん! まあ海鮮チャーハンですね^^ 厦門という海沿いの町に

来てるせいかエビが多少なりともプリプリしている気が?おー!という程の歯ごたえ、

美味しさではありませんが、個人的には満足と言っても良いでしょう。

ビールと海鮮チャーハンの両方でお会計が17元、約280円也!

 お椀にビールってのがいかにも中国式^^ 中瓶で5元、80円

 海鮮料理かな?海鮮炒飯が12元、195円也、まあまあの味でした^^

 

そうだお土産買わないと。身内や友人の分を合わせてもそれ程量は必要無いけど

やっぱり買わないと。早速近くのやや大きめの商店に入って物色してみます。

ナツメヤシのキャンディーというかアメ?ゼリー?これ結構お気に入りです。

後は適当にお菓子を見繕って。まあそんなには欲しい物は無いですが

自分用にも少し買いました。後は明日、深圳北駅まで高鐵で行くので車中の

お菓子をこれまた追加購入。もうすっかり外は暗くなってしまいました。

ちなみにお土産代の総額は僅か25元、400円で収まりました(笑)

時期的にも月餅は売ってないし、今更高価なお土産っていってもねえ(^^;)

食堂を出てすぐ右に曲がると高層ビル群が!この右手の店でお土産を買いました。

 アモイ名物であり台湾でもお馴染みの蛎のオムレツ、甘辛ソースがよく合います。

 

そう言えばアモイ名物であり台湾行ったときにもよく食べるカキのオムレツを

先程の市場であちこちの屋台街で見かけたけどちょっと食べたくなった。

すると路地の奥で一つ15元、240円で販売してたので試して見ることに。

お味は? うん、カキのオムレツですね^^ 甘辛ソースがタマゴに絡んで

まあまあまいうーです^^ よく考えたら台湾だと大体一つが50台湾元、180円弱だから

台湾よりも高いですね。って言うか台湾も食費は香港と比べると遥かに安いし

さっきの海鮮チャーハンよりも高いですね。ちなみに屋台街では全てが20元でした。

完全に観光客プライスとしか思えません。あれに20元はちょっと払いたくないなあ。

 

さてとそろそろ宿に戻らないと。って言うか事前に調べたアモイ駅発深圳北駅までの

12時半発の高鐵の切符、出来れば今夜中に買っておきたいところです。

バスだとどこから乗って良いのかよくわからん。週末だけあって結構な込み具合です。

それにしても厦門のショッピングストリート、洗練された感じで若者が多いこと!

日本ともう変わらないですね。皆が皆スマホでウエチャットペイ微信や支府宝アリペイで

チャチャっとQRコードをかざして買い物を済ませています。やっぱり難しくても

銀行口座開設しておけばよかったなあ(^^;) 本当にQRコードかざすだけ買い物が

出来るし、日本でもエディやスイカで殆どの買い物を済ませてる身としては

現金決済が煩わしいです本当に。

さてさてバスはいまいち番号がよくわからないので

近くにBRTの駅が高台にあったのでBRTで帰ることにしました。

BRTの値段はたったの1元、16円で10分少々でアモイ駅に到着!

やっぱりBRTは便利です。ちなみにBRTで昼間に訪れた旧市街も行けますし

東渡埠頭へ行く場合は終点で降りるとそこから市内バスでアクセス可能です。

  アモイ駅です。時間が時間だけに正面入り口は閉まってました。

 

さてアモイ駅で早速高鐵の切符を買いたいとこですがお金が足りません。

切符売り場のお兄さん大変英語が堪能で改めて深圳北駅までの時刻表や値段など

詳しく教えてくれました。ちなみにクレカ使える?って聞いたところ、銀聯カードなら

使用可能だそうです。現在の残額は200元程。深圳北駅までの値段は183.5元

円にして約2970円ですが、明日の午前は床屋行って髪切ったり、少し良いのが

あったらお土産買い足す予定です。何より明日の朝と昼ご飯だってお金が必要だし。

しょうがない。あまりやりたくなかったけどクレカでキャッシングしましょう。

お兄さんにもう閉まるよね?って聞くと24時まで空いてるとのことです。

いったん宿に戻ることにしました。宿に置いてあったパスポートとクレカを持ち出して

中国銀行のATMで200元、3200円強を降ろすことに。降ろした後に早歩きで

先程の切符売り場へと向かいます。

切符売り場を背にしたアモイ駅前の広場。カウンターのお兄さんとても親切でした

 

改めて切符売り場で明日の深圳北駅までの切符を購入。今回はわざわざ厦門北駅まで

BRTでいく必要が無いので助かります。親切なお兄さんにお礼を言いつつ英語が

上手ですねって伝えると、何と Σ(゚Д゚)ビックリ! 突然日本語でこう言われました。

‘‘ あなたは日本人ですが、とても英語が上手ですねって^^ ’’

思わず え!日本語解るんですか?って聞くと、少しです、独学で覚えました、との事。

よくまあ独学で話せるよな^^ 英語が堪能だけでなく日本語まで。

全く普通語もっともっと勉強しないといかんですよ(^^;) っと言いつつ帰国してしまうと

机に向かって勉強が出来ない自分が大変もどかしいです。

お馴染みの沙茶麺の店。こんどは茶葉蛋チャーイエタンを追加しようかな?

 

さてさて後は寝るだけですが、まだ体が元気です(笑)少し駅の反対側の繫華街を

歩いてみることにしました。これといってショッピングセンターとかあるわけではないし

デパートも閉まっているので、まあ単なる暇つぶしでしたね^^ ただコンビニと言うか

商店が目に付いたのでライターを3つ購入。お一つ2元、32円でガスライターが

買えました。本当は日本に持ち込みは安全上の関係で(11年に子供のイタズラで

火事が起きて以来発火ボタンが重くなった)ダメですが、中国のライターはまだ

発火ボタンが軽いし着火しやすいので購入。

 

そして今度こそは宿に帰って、おやすみなさい!のはずが昼間訪れた沙茶麺の

お店がまだやっているじゃあないですか。これは食べるっきゃないでしょう(笑)

早速注文しました。ちなみに今回は茶葉蛋チャーイエタンもトッピングで追加!

茶葉蛋は茶葉で煮た日本の煮卵に似てます。個人的には茶葉蛋の方が好き!

早速いただきすね・ うーん!!やっぱまいうーです^^

お値段麺が5元、茶葉蛋が2元の計七元、113円也! この沙茶醬をお土産に

買い足さないとね。よくこんな調味料を考えました。99年当時も食べた沙茶ですが

舌はしっかりと覚えています。皆様も是非是非お試しください。

昼にも食べたけど、あの美味しさが忘れられなく再度食べた沙茶麺、まいうーです^^

 

  

 

【Booking.com】世界のホテル割引予約

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

 

次回はいよいよ深圳北駅までと向かいます。って言うか香港まで戻ります。

はあー( ;∀;) ついについに明日は香港で明後日は日本に帰国ですか?

まだまだ旅を続けていたいけど贅沢を言っちゃいかんですね(^^;)

さてさて深圳経由で何事も無く無事に香港へ辿り着く事が出来るでしょうか?

はたまた最後の最後にトラブル発生!かな?

 

それでは また^^   つづく

 

 

 

 

 

          ←共に参加中です、応援のクリックが励みになります^^にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 

 

 

以下は各航空券、宿ホテル,旅グッズの一覧表です。旅の手助けになれば^^

 

じゃらん海外ホテル予約 ←1000円以上の宿泊で500円の割引クーポン配布中!                    格安ゲストハウスやドミトリーでも適用可

 

【Booking.com】世界のホテル割引予約

マカオのお気に入りの安宿ビラカメリアも扱っています。

 

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

航空券でいうスカイスキャナーの様に各ホテルサイトを瞬時に比較できます

 

 

アゴタ海外ホテル予約サイト

 


 

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入

僕が利用しているレンタルサーバーです。毎月600円で速さも安定しています

 

ツイッターなどお気軽にフォローして下さい^^                       お問い合わせ、コメントなどもツイッターを通してお願い致します。

ツイートツイート

投稿者: ドラゴン

アラフォー世代のバックパッカー^^ 特に香港マカオ中国が大好きです。       現在まで訪問した国は60か国以上! 少し?エッチな体験も含めたブログも    やっておりますので楽しんで見て下さい^^ また日々感じている事もツイッターを 含めて公開しておりますので、宜しくお願い致します。