芦渓までバスが来ない?でも何とか辿り着いた^^

 

 

 

 

 

 

 

前回の記事では客家円楼の一つ、世大夫第を訪れたところまでお送りしました。

本日の宿泊地は芦渓ルーチーです。今日の足取りは 下の図参照↓

今ここです!ってなっているのは前回の記事