芦渓までの道中、平和県を目指すも?そして、客家円楼の一つ、世大夫第

 

 

 

 

 

 

 

前回の記事では行き先違い?でバスを大渓から僅か20分の場所で降りる羽目に

なってしまったところまでお送りいたしました。どうしてだろう?何がいけなかったの?

客家円楼の本をじっく…