タイ ラオス 第四の友好橋について

 
   

   どうもどうも^^ 旅に出たくて 又変な病気 (旅に出たい病) が発症してしまった

  ドラゴンでございます^^ 上記のタイトルは別に僕が実際に友好橋を通った

  訳ではございませんが、 興味が湧いたのでチョット書いて見てだけです^^

   
   初めてラオスに行ったのが1997年でしたが、当時はタイとラオスの間には

  タイ東北部のノーンカイ&ラオスのビエンチャン郊外を結ぶたった一つしか

  友好橋はありませんでしたが、いまや第四の友好橋まで出来てついにタイ北部の

  チェンコン( チェンライからバスで一時間半の国境の町) と対岸のフェサイを陸路で

  行く事が可能となりました、。 昨年冬まではメコン川をボートで対岸まで僅か一分ほどで

  結んでおり 僕も利用した事が有ります。 あれはあれで風情が有って良かったんですがね・
org

メコン川!対岸がタイのチェンコンです!!!
 

  この友好橋って何でも中国雲南省とラオス経由でタイを結ぶアジアハイウェイにおいて

  重要な要素をもってるらしく 中国が多額の援助してるらしいですね。 そのおかげで

  今迄メコン川をボートで国境越えしてたパッカーさんはわざわざ国境の橋までタクシーなど

  使って行き、対岸のフェサイに着いても、またフェサイの町まで100B (約320円弱)を

 
  払うという悪循環です。 一軒便利な友好橋ですが、車でも持ち込まない限り不便でかつ

 
  余計な出費が増えて有難迷惑もいいところ^^ 

  
    おまけにチェンコンの町はパッカーさんが大激減してしまい、ゲストハウスや西洋向け

   レストランなど 軒並み閉鎖されてるそうです。 結局のところ、チェンコンの町まで行って

   泊る位なら、直接国境行っちゃえって感じなんでしょうね(゜o゜) 

   97年に初めて訪れたチェンコンですが、当時ラオスにはペプシのみでコカコーラが無く、

   タイに渡った際、チェンコンでギンギンに冷えた(日本よりもはるかに冷えてる) コーラを

   飲んで、タイの豊かさを満喫した思い出が有るだけに寂しい気持ちになりました。

   もう、渡し船はタイ人&ラオス人のみで外人は利用不可となっておりますが、皆さま

   もし、タイ北部へ行く機会ありましたら、人も穏やかで英語も結構通じるチェンコンへ

   是非 訪れて下さいませ^^
 

   それでは また  つづく^^
  
   にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ にほんブログ村 ←参加中です^^ 

        


【送料無料】最新版バックパッカーズ読本 [ 旅行情報研究会 ]

【送料無料】最新版バックパッカーズ読本 [ 旅行情報研究会 ]
価格:1,680円(税込、送料込)

【送料無料】LCCの使いかた

【送料無料】LCCの使いかた
価格:1,500円(税込、送料込)


台湾美女通信・熊熊(クマクマ) 海外 一人旅

ツイートツイート

投稿者: ドラゴン

アラフォー世代のバックパッカー^^ 特に香港マカオ中国が大好きです。       現在まで訪問した国は60か国以上! 少し?エッチな体験も含めたブログも    やっておりますので楽しんで見て下さい^^ また日々感じている事もツイッターを 含めて公開しておりますので、宜しくお願い致します。

“タイ ラオス 第四の友好橋について” への 6 件のフィードバック

  1. カンボジアの超有名な村へ行った時は流石に目を疑いました。
    深夜のプノンペンを無防備に歩き回って、拳銃を向けられた時は死を覚悟って
    えー?? 僕も深夜無防備にムフフな置屋を見つけるために徘徊してましたが
    うーん? 確かに無謀も無謀、超おバカさんでしたね^^ 拳銃ですか??
    何事も無く良かったですね、 後 超有名村ってスワイパーですか?
    僕はモクバイから乗り合いタクでプノンペン市内入る直前に見ました!
    スミマセン、なるべくネタ見つけ更新するようにします^^
    後GWは未定です!行く暇って言うか、金あるかな^^ 
    良いなあ―台湾経由でタイ! 久しぶりにタイ行きたいですよ!

  2. GWはどこかへお出かけですか?
    私は例の如く台湾へ寄ってからタイに行きます。
    私が初めて渡タイしたのは2000年丁度の年、今から14年前の話です。
    あれから色んなとこへ行ったなあ…
    カンボジアの超有名な村へ行った時は流石に目を疑いました。
    深夜のプノンペンを無防備に歩き回って、拳銃を向けられた時は死を覚悟しましたが、私の身なりを見て諦めたのか哀れまれたのか分かりませんがバイクでホテルまで送って貰ったりと情けないエピソードもあったりで…
    しかし旅は止められませんね。
    もう若い頃の様にフットワークは軽くありませんがまだまだ遊び足りません。
    機会があればご一緒したいですねw
    ではブログの更新、楽しみにお待ちしております。

  3. 若い娘さんはお好きですか?って まあ好きですよ^^
    ただプライベートだとやっぱジェネレーションギャップ感じて
    臆してしまいますけどね^^

  4. 無いんですか…
    やはりメーサイ、ノンカイ、少し下がってウドンタニー…
    はたまた国境跨いでビエンチャン…
    (`ω´)ブツブツブツ
    若い娘さんはお好きですか?

  5. え?? あの施設^^ って
    とらさん、残念ながらチェンコンにはムフフな場所は
    見当たりませんでしたよ^^ まあ捜せば有るかもしれないけど
    ショボイでしょうね^^

  6. あらあらドラゴンさん 肝心なお話が抜けてやいませんか?
    国境の街ならではの あ の 施設のことですよ。
    若~いやつです(^q^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です